--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
06.22

草間彌生展 行って来ました

Category: おでかけ
やよいちゃん

『草間彌生展』~永遠の永遠の永遠~ 行って来ました。

草間さんの作品は 以前東京のとある車のショールームで
小さな展覧会(車やさんとのコラボ企画?)をやっていたのを
見たことはありました。

なのでちょっと知った気になっていたのですが、やはり大きな展覧会では
線描画のシルクスクリーンから始まり、大胆な構図&色彩の(目が痛くなるような)作品、
そして迫力のある立体の作品、とバリエーションもあり
そしてその一つのカテゴリーの中の作品数が凄い!!

タイトルが印刷されてある紙と見比べつつ、
お友達と一緒にけっこう時間をかけて回ったので
見終わったら入館から2時間ほどが経っていました。

感想は・・・やよいちゃん凄い!!

きっと 何かにせきたてられるように またはやむにやまれぬように
描かずにいられないのだろうな、と・・・
水玉や目や旗や・・・永遠に繰り返すようなモチーフの連なりを。

そして近年の作品には特に命の有限性と無限性のせめぎあい、
を表現している印象を強く受けました。
(凡人なので タイトルからの類推部分も多いですが;)

そう、タイトルがね・・・ フツウの感覚では作品とマッチしないのですよ
例えば『朝のめざめ』とか『春のきざし』とかとても平易で
さらっとした言葉の作品名がとても多い(ほとんど?)なのですが、
絵を見ると色が激しい、モチーフがおどろおどろしくて怖い、などなど。

でも逆に「フツウ」って何だろ?と思わせられたり。
(これって 深く考えるとどこまでも行ってしまいそう)

とにかく普段では得られない心の揺さぶられ方をしたような気がします。
ちょっと無理して行ったけれど(開催期間がもうすぐ終わるところなので)
行ってみて良かったと思いました
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。